活動報告

山上碑やまのうえひとは

国指定特別史跡

山上碑は、 681年に立てられた日本最古級の石碑で、高さ111センチの輝石安山岩の自然石に53字が刻まれています。放光寺の僧である長利が、亡き母の黒売刀自を供養するとともに、母と自分の系譜を記して顕彰したものです。近隣の金井沢碑・多胡碑と合わせて上野三碑と呼ばれています。

詳しくはこちら

金井沢碑かないざわとは

国指定特別史跡

金井沢碑は、神亀 3(726)年に立てられた石碑で、高さ110センチの輝石安山岩の自然石に112字が刻まれています。山上碑・多胡碑と合わせて上野三碑と呼ばれています。古代豪族三家氏が、先祖供養のため造立したものです。三家氏は山上碑に記された「佐野三家」(ヤマト政権の地方支配拠点)を経営した豪族の末裔とみられます。

詳しくはこちら

上野三碑こうずけさんぴ

日本列島東部の古代上野国[こうずけのくに](現在の群馬県[ぐんまけん])に存在する三つの石碑「上野三碑[こうずけさんぴ]」は、日本に18例しか現存しない古代(7~11世紀)の石碑のなかで最古の石碑群であり、大切に守られてきました。

詳しくはこちら